メニュー

腹部の異常

膵のう胞(膵のう胞性疾患、腫瘍性膵のう胞、膵管内乳頭粘液性腫瘍/IPMN、粘液性嚢胞腫腰/MCN、漿液性嚢胞腫瘍/SCN)(2023.03.04更新)
腹部超音波検査やCT、MRI検査などで膵臓にのう胞という液体を含んだ袋状のものが見つかることがあります。膵のう胞は腹痛などの自覚症状はなく、ほとんどの場合検診や人間ドックやほかの症状や病気を調べる検査… ▼続きを読む

アミロイドーシス(2022.10.13更新)
体の中にアミロイドとよばれるナイロンのような繊維状の物質(異常タンパク質)が発生し、さまざまな臓器に沈着(組織の中にたまってしまう)することにより心臓や腎臓、肝臓、神経、胃や腸などさまざまな臓器が障害… ▼続きを読む

過敏性腸症候群(2022.08.27更新)
過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)は、主として大腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。 検査を行っても炎症や潰瘍といった器質的疾患が認められないにもかかわらず、下痢や便秘… ▼続きを読む

逆流性食道炎(2022.08.12更新)
食道は消化管の一部で、喉から胃にかけての約25~30cm(成人)ほどあります。 逆流性食道炎とは、胃酸や十二指腸液が食道に逆流して、食道の粘膜に炎症などを起こす病気です。 症状としては、胸やけ、胸… ▼続きを読む

胃癌(2021.12.08更新)
胃癌(いがん gastric cancer)は、胃に生じる悪性腫瘍・癌の総称。   胃がんは、胃袋の内側表面にある胃粘膜上皮の細胞が、何らかの原因でがん化して無秩序に増殖するため食物が胃を… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2024年2月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME