メニュー

大動脈解離

[2022.01.10]

心臓が直接血液を送り出す最も太い動脈を大動脈と呼びます。この大動脈は高い血圧(血液の圧力)に耐えるため内膜、中膜、外膜からなる3層構造となっています。この3層構造のうち、中膜(まん中の膜)と内膜(一番内側の膜)が弱くなり、内膜にできた裂け目(エントリー)を通り内膜と外膜がはずれ血液が流入して広がる事を解離といいます。
解離した大動脈は片側が外膜1層のみとなり水風船のように薄くなってしまい血圧に耐えられず破裂してしまうことがしばしばあります。
また、大動脈解離の裂け方によっては大動脈から分岐して頭部や内臓に血液を供給する動脈の分枝を塞いでしまい内臓や全身への血行障害を来たし命に関わる危険があります。非常に強い胸や背中の痛みを生じることが多く緊急で治療を行わないと死亡率が高い恐ろしい病気の一つです。

多くは強い症状と上下肢の血圧の差や胸部レントゲン・CT検査・心臓超音波検査などで診断されます。

解離が上行大動脈を含むものをA型、含まないものをB型とよびA型は緊急手術が必要とされます。B型も集中治療室で慎重に経過観察をする必要があります。

HOME

ブログカレンダー

2022年12月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME