胸部レントゲン検査のご案内

胸部レントゲン検査のご案内

植谷医院では、胸部レントゲン検査による疾患の発見と治療をおこなっております。

胸部レントゲン検査とは

胸部レントゲン検査は、咳が出る、痰が出る、胸が痛い、息苦しいなどの症状があるときに必ず行なわれる検査です。エックス線は人体を通り抜けますが、通りぬけやすさが様々な組織(肺は通りやすく、骨はほとんど通さない)で異なるため組織の分布を反映した画像が作られ体内の様子を知ることができます。胸部X線検査は肺や心臓、肺の間にある縦隔などの器官の病気について、様々な情報を得ることができますので、幅広くおこなわれています。

胸部レントゲン検査で何がわかるのか

x-ray.jpg健康の人の肺はX線写真に黒く写り、中心部の心臓などは白っぽく写ります。肺に腫瘍や炎症がなどの病変があると、白い陰影が写ります。不整な円形に近い白い影は肺がんなど、境界がぼやけて不明瞭な白い影は肺炎、肺結核などが疑われます。また、胸膜に空気が溜まる気胸では肺の縮んだ様子が写ります。肺の病気の診断に有用です。肺がん、肺結核、肺炎などでは、異常が白い影として映ります。気胸、肺気腫などは病気のあるところの空気が多くなるので、黒く映ります。気管支拡張症や胸水などもこ指摘されます。一方、肺といっしょに心臓や大血管も映るので、心臓弁膜症、拡張型心筋症や心筋梗塞など、心臓が拡大する病気が見つかるきっかけにもなります。また、心不全が悪化すると、肺水腫になったり、胸水が貯留したりすることもわかります。肺がんが疑われるときには、胸部CT検査、喀痰検査、気管支内視鏡検査、腫瘍マーカーなどの精密検査を受けます。その他の肺の病気でも、必要に応じてCTや肺機能検査などの専門的な検査を受けます。

電話でのお問い合わせ :☎ 052-811-3468

PAGE TOP