前立腺肥大症(ぜんりつせんひだいしょう)は加齢とともに前立腺(内腺)の細胞数が増加し肥大化する疾患

男性では尿道の奥の部分は前立腺に囲まれています。前立腺は精液の一部を作ります。通常は栗の実ほどの大きさですが年齢が高くなると前立腺が大きくなり、中を通っている尿道を押しつぶしたりして尿の出が悪くなります。これが前立腺肥大症です。

前立腺肥大症の頻度は、年齢とともに高くなり、50歳からより増加します。組織学的な前立腺肥大は、30歳代から始まり、50歳で30%、60歳で60%、70歳で80%、80歳では90%にみられますが、そのすべての方が治療を必要とする症状を伴うわけではありません。前立腺の肥大と排尿症状を伴い、治療を必要とする、いわゆる前立腺肥大症の頻度は、その1/4程度と言われています。

肥満、高血圧、高血糖および脂質異常症と前立腺肥大症の関係が指摘されており、メタボリック症候群との関係についても、検討されています。野菜、穀物、大豆などに多く含まれるイソフラボノイドは前立腺肥大症の発症抑制効果があることが指摘されていますが、喫煙やアルコール、性生活との関係は明らかではありません。

尿の勢いが悪く残尿感の強い方や、尿の回数が多く生活や睡眠に支障のある方では大きくなった前立腺が物理的に尿道を圧迫して尿の出が悪くなることから前立腺の緊張を緩めて尿道への締め付けを減らす薬や前立腺のサイズを小さくするような薬を使用して症状を改善させます。

PAGE TOP