メニュー

脳神経内科(神経内科)

アミロイドーシス(2022.10.13更新)
体の中にアミロイドとよばれるナイロンのような繊維状の物質(異常タンパク質)が発生し、さまざまな臓器に沈着(組織の中にたまってしまう)することにより心臓や腎臓、肝臓、神経、胃や腸などさまざまな臓器が障害… ▼続きを読む

心房細動の血栓症の危険性について(2022.01.10更新)
心房細動になると心房の中の血液が正常に心室に送り出せず、心房内の血液がよどんで、「血液の固まり(血栓)」ができやすくなります。「血栓」は心房(左心房)の左心耳と呼ばれる部分で心臓の壁にくっついた状態で… ▼続きを読む

くも膜下出血(2021.12.08更新)
くも膜下出血(クモまくかしゅっけつ、 Subarachnoid hemorrhage; SAH)は、脳を覆う3層の髄膜のうち、2層目のクモ膜と3層目の軟膜の間の空間「クモ膜下腔」に出血が生じ、脳脊… ▼続きを読む

脳内出血(脳卒中)(2021.12.08更新)
脳内出血とは脳内の血管が何らかの原因で破れ、脳のなか(大脳、小脳および脳幹(のうかん)の脳実質内)に出血した状態をいう。そのために意識障害、運動麻痺、感覚障害などの症状が現れる。出血量が大きくなる… ▼続きを読む

脳梗塞(脳卒中)(2021.12.08更新)
脳梗塞(cerebral infarction/stroke)とは、脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事… ▼続きを読む

HOME

ブログカレンダー

2024年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME